50歳管理職、無職になりました。

ついに限界が来ました。

2020/8/22 コンビニさよなら作戦忘備録

コンビニさよなら作戦

会社員の頃は毎日のように利用していたコンビニ。

今はほとんど行かなくなった。

 

私の買い物は、週1の生協と、

散歩のついでに行くスーパーがメインで

たまーに通販という形態になったのだ。

 

そこでも、加工食品はできるだけ避けるようにしており

(途中で何が入るかわからないので)

購入するのは野菜・肉・魚・豆・牛乳・卵が主流である。

 

そして、調理家電を使って

自分で加工する生活を送っている。

 

その結果、

 

ゴミが劇的に減った。

毎日身体が軽く、目覚めが良い。

以前より疲れにくい。

などなど、いいことばかり。

何より、食事が美味しい。

 

 

特に気に入っているのが、

プリン、キャベツのスープ、大根と手羽先の煮物、神のスープ(玉ねぎ)、

バニラアイス、果汁100%ゼリー、手作りハンバーグ、鶏ハム、などなど。

 

こういう食事を続けていると、

幸福度が全然違うのだ。

 

朝コンビニで買ったお菓子を食べ、

昼もコンビニで買ったおにぎりやサラダ。

夜も家までもたずにB級外食・・・といった生活をしていたなんて

信じられない(サイゼリア、すき家、松屋、餃子の満洲、ココイチ、はなまるうどん、のローテーションだったのだ!)。

 

働いていると、とにかく生きていくのに必死で

少しでもたくさんの睡眠時間をとるために

自炊に要する時間を削ってきたのだなあと改めて思う。

(さらに、付き合いのために睡眠時間まで削っていた)

 

悪口を言い合う時間も皆無となる

 

会社には卑怯な人間がたくさんいるため

日々悪口に囲まれていた。

もちろん自分も悔しくてよく悪口を言っていた。

 

しかし、今は私が付き合いたいと思う人しか

周りにいない。

だから悪口が 無い。

 

そんなわけで、バイデンやオバマ、習近平やプーチンなんかが

目下の興味の対象だ。

 

人間、替われば変わるものである。

 

いろいろ不安はあるけれど

本当ーーーーーーーーに辞めてよかった。

 

今思えば、結構なお給料をもらっていた。

とてもありがたい会社だったと思う。

でも、あのままだったら私は体を壊していたに違いないのだ。

 

神様。ご先祖様。

あの時勇気を与えてくださり、本当にありがとうございます。

 

 

簡単プリン

 

コンビニさよなら作戦の一つとして、

プリンを簡単に自作できる方法を考えてみた。

 

なぜプリンなのか?

それは私がプリン好きだから。

 

そもそも、プリンは牛乳と卵と砂糖だけでできている

非常にシンプルなお菓子である。

肥満の元となる「油」が入らないところも気に入っている。

しかし、コンビニのプリンにはそれ以外のものが入っているだけでなく、

めちゃくちゃ甘い。

そして、無駄なゴミが出る(カップや蓋)。

 

これは手作りした方がいいだろう、と考えたわけだ。

 

 

プリン自作には二つのネックがあった。

一つは牛乳を温めて砂糖を溶かすめんどくささ

そしてもう一つはカラメルソース製造の危険性だ。

 

前回の記事では一つ目のめんどくささをミキサーによって解消したので

今度はカラメルソースに製造を安全で楽にする方法を思いついた。

 

その方法は・・・

「アルミカップ」だ。

前回の実験で、アルミの上にのせた濃い砂糖水が

オーブンの火でカラメル状になっても

アルミはびくともしない、ということがわかった。

ただ、この方法では、出来上がったカラメルの回収がめんどくさい。

 

そこで、アルミカップに濃い砂糖水を入れて

そのままオーブンにかけるという方法だ。

 

次回はこの方法にチャレンジする予定。